2014年03月13日

膏薬療法を応用した化粧方法


 膏薬療法とは、硬膏や軟膏を皮膚患部に直接または紙や布に塗って行う治療方法。

 これを応用したのが、クロロフイルのお手入れの基となる『パスターパック』です。

 消炎作用や保護作用がありヒフがイキイキとよみがえります。

 朝晩の化粧方法は、皮膚呼吸を妨げず皮膚に刺激を与えない方法です。

 化粧くずれしにくく紫外線からお肌を守ってくれます。

 だからシミやシワができにくく いつまでも若い肌を保てます。


 
 
posted by マジカル美顔師 at 21:15| Comment(0) | 美顔 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。